乳熱 とは?|症状や治療、予防について解説

乳熱という乳牛の病気を知っている方、これから勉強しようと思っているか勉強しようと思っている方のために解説を書いていきます。簡単に解説しますので短時間で理解できると思います。

乳熱という病気の症状や治療について解説

乳熱の原因は?

乳熱は分娩後いきなりの泌乳開始によって、骨や腸管からのカルシウムの吸収が間に合わずに血中カルシウムが低下してしまうことで低カルシウムに基づく症状が顕著に表れる疾患です。

乳量ピークではなく、分娩後48時間以内に起こることが多い病気です。

牛の乳熱の症状は?

乳熱の症状として考えられることには起立することが困難になったり、震えが起きたり、食欲が出ないことが考えられます。

低カルシウム血症、低リン血症が生じます。

クレアチニンキナーゼやグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼなどの筋肉に関連する酵素が上昇している場合はダウナー牛症候群を疑いましょう。

乳熱の治療は?

単純な乳熱の治療の場合にはカルシウムの静脈内への注射です。

起立困難なものはダウナー牛症候群への移行を避けるため、寝返りやマッサージ、圧迫の除去を行います。

乳熱を予防するためには?

乳熱の予防には分娩前に低カルシウム状態を維持し、パラソルモンの活性上げておくことや分娩直後にビタミンDやカルシウムを投与すること。

代謝性のアシドーシスを起こすことでカルシウムを吸収しやすくすることが考えられます。

育成期や乾乳期にカルシウムを多く与えたり、四肢を鍛えることによる予防も重要になってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です