日本で 豚コレラ が発生した時の気になる検疫を解説

日本は国際防疫に基づいた動物検疫が行われています。

日本で豚コレラが発生した時の気になる検疫(防疫)

やっぱりきになるのは日本がどのような対応を現場行っているかですよね。今回は現状をまとめたいと思います。

豚コレラの国際防疫とは?

国際獣疫事務局(OIE)、国際連合食料農業機関(FAO)、世界保健機関(WHO)、コーデックス委員会(FAOWHO)と連携しながら日本では行われています。一度は聞いたことがある機関もあるのではないでしょうか。

動物の検疫はどのように行なっているの?

動物検疫所という動物や畜産物の輸入や輸出に関わる場所が家畜伝染病予防法や狂犬病予防法、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づいてそれを担って居ます。

日本での検疫の対象となる動物は?

家畜伝染病予防法:牛、馬、豚、山羊、羊、ウサギ、鶏、ウズラ、ダチョウ、キジ、ホロホロ鳥、七面鳥、カモ目の鳥、ミツバチなど

狂犬病予防法:犬、猫、アライグマ、キツネ、スカンク

感染症法:サル

日本における輸入禁止の動物や食品は?

動物ではイタチアナグマ、コウモリ、プレーリードック、ヤワゲネズミ、ハクビシンが考えられます。

畜産物は牛疫や口蹄疫、アフリカ豚コレラの発生状況と防疫体制に基づいて輸出国を区分けし、輸入禁止品を決めています。

1:防疫体制が整備され、口蹄疫が一定期間発生していなく、今後も心配がない国

輸出国の政府が発行する検査証明書と動物検疫を受けることで、全ての家畜が輸入可能になっていますが、下記については輸入禁止になっております。豚コレラもここに含まれます。

肉製品に関してはBSE発生地域で牛、綿羊、山羊およびそれらの肉製品の輸入禁止、

高病原性鳥インフルエンザが発生した国では家禽、家禽由来の肉製品の輸入禁止、

豚コレラの発生国では豚及びその肉製品の輸入禁止CWD(慢性消耗性疾患)の発生ではシカおよびその肉製品の輸入禁止措置を取っております。

ということはこの豚コレラが発生した国が輸入禁止の措置を取られるということは外国から見たら日本の豚肉は輸入禁止措置を取られかねないということになります。

自国の豚肉を輸出できないとなると農家さんにはかなりの打撃になります。

2:防疫体制が整備され、口蹄疫等の発生はないが、発生のおそれを否定できない国

牛などの偶蹄類の肉、臓器、稲やわら等は輸入禁止、

偶蹄類の動物、受精卵・精液、ソーセージ・ハムやベーコンは検査証明書添付で輸入できるとなっております。

3:口蹄疫が発生しているか防疫体制が整備されていない国

全ての家畜、畜産物の輸入禁止となっています。

豚コレラの病原体

当たり前ですが監視伝染病の病原体を輸入することは禁止となっております。

ただし、研究目的の場合、農林水産大臣の輸入許可を取得し、動物検疫を受ければ輸入できることになっております。

豚コレラのまとめ

日本では豚コレラが発生した国の肉製品は輸入禁止措置を取っていました、まさかその措置を取っていた国で感染がおこるとは思ってもいなかったでしょう。

国内では2007年に撲滅宣言があり、完全に撲滅したと考えられておりました。

今後は現状の感染をこれ以上広げないことと輸出ができなくなってしまう豚の農家さんのケアが一層必要になってくると考えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です