牛の 虚弱子牛症候群 |出生後から虚弱が見られる病気

虚弱子牛症候群は原因が明確ではないが出生後から虚弱を呈する子牛の総称となります。

牛の虚弱子牛症候群の考えられる症状と予防法

症状も原因も様々になりますが、ここでは現在考えられている内容で解説していきたいと思います。

牛の虚弱子牛症候群の症状

虚弱子牛症候群で認められる症状は一般的な成長速度が遅いのではないか?と疑いが出てくるような内容になります。

例えば低体重、矮小体型、吸入力低下、感染症にかかりやすかったり、血液では鉄濃度低下・貧血の傾向があったりします。

低蛋白血症(低アルブミン・γグロブリン、低血糖、低脂血症、胸腺部低形成)が認められることがあります。

牛の虚弱子牛症候群の原因

虚弱子牛症候群の原因は分娩前の母牛の低栄養やウイルス感染などが主に考えられていますが、症候群とされており、明確にはこれだと決めつけることができません。

牛の虚弱子牛症候群の治療

虚弱子牛症候群の治療法としては足りていない成分の補充になります。

例えばブドウ糖、アミノ酸・ビタミンが考えられます。その他にも貧血傾向の対処として鉄、セレニウム、ビタミンEの投与も行われます。

仔牛(子牛)が 脱水 した時の輸液のまとめ

虚弱子牛症候群の予防

虚弱子牛症候群は初乳管理を徹底することが大事ですね。初乳製剤の追加や環境管理(換気、保温)によって疾患にかかりにくくしましょう。

ほ乳管理としてほ乳回数の増加、生菌剤の添加 ・母牛の妊娠末期管理も効果的だとされています。

栄養管理(蛋白、ミネラル) で欠乏を防ぎ、ワクチネーションによって病気を予防することも良いですね。

子牛の下痢についての理解を深める

仔牛 (子牛)の下痢の原因と治療について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です