牛の 脂肪壊死症 は黒毛和種(肥育牛)に多い疾患

この記事では黒毛和種に多いとされる脂肪壊死症について考察したいと思います。

牛の脂肪壊死症について

この疾患は黒毛和種の肥育期に多く、乳牛では少ない傾向があります。

病態は腹腔や骨盤腔内の脂肪が変性、壊死してしまい硬くなることで腸管、腎臓および生殖器系の臓器を圧迫、障害してしまうことで症状が生じた状態を指します。

原因についてですが、残念ながら現在は詳しくわかっておりません。対策も難しいですね。

牛の脂肪壊死症の症状と診断

牛の脂肪壊死症の症状は腹腔内臓器の圧迫によるものが多く食欲不振、慢性下痢や便秘、疝痛、腸管閉塞、流産などがあります。

特異的な症状とは言い切れないものが多いので、他の疾患と鑑別をする必要がありますね。

牛の脂肪壊死症の原因は?

現状、脂肪壊死症の原因はわかっておらず、病理検査から見つかることが多いです。今後の研究に期待したいですね。

牛の脂肪壊死症の現在の診断方法は?

牛の脂肪壊死症の診断は症状からは、なかなか難しいですが直腸検査やエコー検査によって行います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です