牛の 出血性腸症候群 (HBS) の症状と原因細菌を解説

牛の出血性腸症候群(HBS)は小腸粘膜で限局性の出血を起こします。その原因となっている細菌と症状について解説していきたいと思います。

牛の出血性腸症候群について解説

基本的に出血した部分の切除が教科書的な治療にはなりますが、概要と症状を掴んでおくことがこの記事に目的になります。

牛の出血性腸症候群の原因となっている細菌は?

牛の出血性腸症候群の原因菌はクロストリジウム属のClostridium perfringens type Aの異常増殖が関与されていると考えられていますが、詳しいことはまだわかっておりません。

そのほかにも飼料中の可溶性炭水化物の増加、繊維質の低下が原因である可能性やマイコトキシンの関与も否定できないです。

その1つもしくは複数が複合的に絡み症状を呈すとされています。

牛の出血性腸症候群(HBS)の症状は?

症状としてみられるのは乳量激減、眼球陥没、タール様血便、疝痛などが多いです。

そのほかにも右下腹部の膨満と拍水音は血液成分の貯留によるもので、畜主様も気づくこともあります。

基本的には症状としての血便が決め手になることもあります。

症状は急性に進行していき、ほとんどの牛は死亡してしまいます。

牛の出血性腸症候群(HBS)の治療として考えられること

治療は病変部を切除することが考えられます。

診断、精査し手術をすることが必要な疾患です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です