牛の脂肪肝が起こる原因や症状は?ケトーシスとの関連

この記事では牛の脂肪肝について解説していきます。

牛の脂肪肝ので症状が発生する原因と症状について

そもそも、牛の脂肪肝とは肝臓に中性脂肪(トリグリセリド)が過剰に蓄積した状態を示します。ではどうして脂肪が蓄積してしまうのでしょうか?

牛の脂肪肝の原因は?どうして脂肪肝になるのか

牛の脂肪肝が起こる理由は肝臓に脂肪が蓄積することに起因します。

例えばストレス、妊娠後期の過肥、飼料給与の問題などが考えられています。

牛の脂肪肝で起こる症状は?

牛の脂肪肝自体での症状には食欲減退、乳量低下が考えられますが、やはりケトーシスや周産期疾患(四変、乳熱など)の併発は意識しておきたいです。

重症化すると繁殖障害も起こります。

牛の脂肪肝でケトーシスが起こる理由

牛においてエネルギーバランスが負の状態に傾いた時に脂肪組織内の中性脂肪を利用することでケトン体や遊離脂肪酸が上昇、ケトーシスが起こります。

ケトーシスの方で発生機序を書いていますのご参照ください。

牛のケトーシスってどんな病気

牛の脂肪肝の診断

牛の脂肪肝の診断は血液で遊離脂肪酸の上昇、ケトン体の上昇を見ます。

そのほかの診断方法には肝臓の生検で脂肪染色陽性、比重が低くなってトリグリセリドの確認を行います。

牛の脂肪肝の治療は?

牛の飼料給与の改善を行うこと、場合によっては強肝剤の使用を考えます。乳牛では妊娠末期の過肥を避けることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です