牛の 尿素中毒 の原因や症状、治療|アンモニアとの関連性

この記事では牛の尿素中毒の症状やどうして発症するかなどについて書いていきたいと思います。

牛の尿素中毒の原因は?症状や治療法について

牛の尿素中毒は飼料中に添加されたタンパク質から、微生物によってアンモニアが産生され、アンモニアによる中毒症状が認められる病気です。

牛の尿素中毒の原因や症状は?

牛の尿素中毒の症状はアンモニアが多量に産生されることに起因します。

牛の尿素中毒の原因は?

基本的に動物の肝臓には解毒作用が備わっていてアンモニアの代謝を行っています。

アンモニアは腸内細菌によって飼料中のタンパク質から生成されます。門脈を通って肝臓に運ばれ、通常ならば肝臓のタンパク質代謝機能によって尿素に変えられ、尿中に排泄されます。

しかし、尿素中毒の場合は肝臓にてこのアンモニアの代謝ができないため身体に蓄積してしまい、痙攣や脳症を引き起こしてしまいます。

牛の尿素中毒の症状

牛の筋肉で痙攣が起こり、起立不能になります。この痙攣の質は強直性です。また、鼓脹症が起こり重症化することで死亡してしまうこともあります。

ただし、早期に適切に治療することで予後は良好とされていますので、治療が重要になってきます。

牛の尿素中毒の治療は?

牛の尿素中毒の治療は早期の場合だと輸血やリンゲル液の静脈内投与を行います。

症状が進行している場合は有効な方法がないため、早期発見早期治療を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です