牛の 産褥熱 の型とは?原因や治療は?敗血症型と膿毒型

この記事は牛の産褥熱について症状や原因、概要について解説していきます。

牛の産褥熱の原因や症状は?

牛の産褥熱は分娩に伴う産褥性の創傷感染により罹患する熱性疾患の総称とされています。

牛の産褥熱の症状は?

牛の産褥熱は基本的に分娩後の発熱が症状になります。総称ですので、これといった断定がありません。

重度では2つの病型に分類されます1つ目が産褥性敗血症の型で、2つ目が産褥性膿毒症の型になります。

1つ目が産褥性敗血症の型では細菌がリンパ管内にまで侵入してしまうことで血管で増殖、全身性の感染症を引き起こす形になります。こちらは分娩後3日以内に発症しやすい傾向があります。頻度としましては馬で起こりやすく、牛では少ないですね。

2つ目が産褥性膿毒症の型では細菌が子宮や周囲組織に侵入してしまうことで血栓を形成してしまう形になります。化膿が起き全身に転移します。化膿巣を関節、腱鞘で形成します。

牛の産褥熱の治療は?

牛の産褥熱の治療はサルファ剤、抗生物質を用います。

細菌が原因ですので対策を行います。

産褥性の血色素尿はこちらから

牛の 産褥性血色素尿症 の原因や症状、治療について解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です