牛の ネフローゼ症候群 の原因や4大症状を解説

この記事では牛のネフローゼ症候群の病態や概要、症状を解説していきます。

牛のネフローゼ症候群の症状や原因、治療について

牛のネフローゼ症候群は種々の原因により糸球体の透過性が亢進し、高度蛋白尿が起こることで血液中のタンパク質が低下し低蛋白血症、浮腫、高脂血症を示す病気です。

牛のネフローゼ症候群が起こる機序は?

牛のネフローゼ症候群が原発で起こるものには原発性の糸球体疾患が考えられます。

二次的に起こる場合には代謝疾患、膠原病、腫瘍など様々な要因が絡んでくるとされています。

また、アミロイド症が原因であるものはアミロイドネフローゼと言います。

アミロイドについてはこちらの記事でご確認ください

牛のアミロイドーシスについて徹底解説

牛のネフローゼ症候群の症状は?4大症状は?

牛のネフローゼ症候群の症状ですが急性のものでは食欲減退、体温低下、元気消失、蛋白尿、乏尿、血尿、浮腫などが認められます。

4大症状の高度蛋白尿、低蛋白血症、浮腫、高脂血症はネフローゼ症候群の特徴です。

慢性的な症状には多尿、進行性していく削痩、不定の下痢が認められることがあります。ネフローゼ症候群の症状が進行していくと削痩していき、悪液質や浮腫、脱水により尿毒症を発症して死亡してしまうこともあります。

牛のネフローゼ症候群の治療は?

基本的に根本的な治療はなくステロイドの投与を考えます。浮腫の改善には利尿剤を使用するケースもありますが、原発的な糸球体疾患がある場合は対症療法になることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です