牛の 動脈管開存症 の症状は?血行動態は?

牛の動脈管開存症は生後、肺の血管抵抗の低下で閉鎖するはずの動脈管が開いたままの状態で症状が認められる病気です。症状は心室中隔欠損と同様に右から左への血流によるチアノーゼや赤血球増加症がみられます。馬で多い病気です。

牛の動脈管開存症の症状は?血行動態は?

牛の動脈管は胎生期に胸部大動脈と肺動脈を繋いでいます。この動脈管が開いたままで症状が認められるのが動脈管開存症です。牛ではメジャーではありません。

牛の動脈管開存症の血行動態は?

牛の動脈管開存症の血行動態は収縮期、拡張期に大動脈から肺動脈へ持続的に血液が流れてしまい、心雑音が聴取できます。

この雑音は特殊で機械様雑音、連続性雑音といわれていて、収縮期から第Ⅱ音にかけて徐々に大きくなっていきます。この状態では動脈の酸素飽和度は影響されないのでチアノーゼは認められないです。

左心房への容量負荷がかかり、左心室の拡大、肺の血管抵抗の上昇に伴い肺動脈圧が大動脈圧よりも上がった状態で動脈管を通る血流がの方向が変わり、動脈血の酸素飽和度が低下することで症状が表れます。

これがチアノーゼや赤血球増加症です。心室中隔欠損でも似た様な流れは起こり得ます。

牛の 心室中隔欠損 の症状は?血行動態は?

牛の動脈管開存症を診断するためには?

牛の動脈管開存症は聴診での連続性雑音の聴取が重要になってきます。そのほかに左心室の肥大も認められます。

確定診断には大動脈の造影や超音波カラードップラー法により血流の確認があります。牛の先天的な心疾患には心房中隔欠損もありますのでみてみてください。

牛の 心房中隔欠損 の症状は?血行動態は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です