牛の 心室中隔欠損 の症状は?血行動態は?

牛の心室中隔欠損は心房とは異なり、心室の壁が何らかの原因で正しく融合できずに孔ができてしまう病気です。牛では流出路欠損が多いとされています。

牛の心室中隔欠損の症状は?血行動態は?

牛の心室中隔欠損の症状は欠損している孔の大きさ、どれくらいの量が流れてしまっているか、その方向によって異なります。

牛の心室中隔欠損の血行動態は?

基本的に初期の牛の心室中隔欠損では心室収縮期に左心室から欠損孔を介して右心室に血液が逆流する動態です。この時に起こる心雑音は収縮期雑音が聴取できます。

この後に左心室に容量負荷がかかってきます。右心室から肺動脈への血液流量が増加するにつれて肺動脈の血管抵抗が上昇、肺動脈圧と右心室の圧が上がります。元々は左心室から右心室への逆流でしたが、右の圧が上がり圧格差ができることで右心室から左心室への逆流が起こります。アイゼンメンジャー症候群。

心室中隔欠損の症状は?

この場合(右心室から左心室への逆流)の症状としてはチアノーゼが起こります。これは酸素飽和度の少ない血液が全身に循環するためです。その他赤血球増加症(多血症)が認められます。

牛の心室中隔欠損の診断は?

牛の心室中隔欠損の診断は臨床症状からの診断、聴診、心臓の血管造影や心エコー検査があります。

臨床症状は若齢期のチアノーゼ、運動不耐性や失神があります。聴診では収縮期雑音、確定診断は真血管造影で血行動態の確認があります。

予後は心室中隔欠損孔のサイズや場所、血液の短絡方向によりますがアイゼンメンジャー症候群に移行した場合にはよくありません。

心房中隔欠損はこちらの記事からチェックしてみてください。

牛の 心房中隔欠損 の症状は?血行動態は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です