牛の 気管 ・気管支炎とは?症状や原因を解説

牛の 気管 ・気管支炎とは多くの場合、気管・気管支のみならず咽頭や鼻粘膜にも及ぶ炎症で、肺から波及することもあります。粘液を分泌するカタル性と偽膜を形成するクルップ性に分類される

牛の気管・気管支炎とは?症状や原因を解説

発生機序や原因

牛の 気管 ・気管支炎の発生機序は栄養不良や幼齢といった免疫力の低下が背景にあることが多く、ウイルスや細菌に感染することで発生します。

ウイルスや細菌、寄生虫が原因であることが多いですが、異物やアレルゲン、機械的・化学的刺激も要因とはなり得ます。具体的な感染症には伝染性鼻気管炎、ヘモフィルス症、牛の結核があります。

症状

牛で考えられる症状としては咳がメインになります。初期は乾性(乾いたような咳)ですがのちに湿性となります。症状が重度になってくると、呼吸することが難しくなり呼吸困難を示します。

鼻からは鼻汁の排出があり、この鼻汁は膿、粘液、水のような形態をしています。体温の上昇や脈拍の増加が認められます。

聴診では?

聴診ではラッセル音の聴取ができ、これが気管・気管支炎の特徴となります。

治療

牛の気管・気管支炎の治療は安静にすることや背景にある病気の治療が考えられます。抗生物質の投与や消化に良い飼料を給与することが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です