牛の 肺気腫 とは?症状や原因について考察

牛の 肺気腫 は肺の内部の空気が過剰に増加した状態のことで、症状の経過のより急性と慢性にさらに分類されます。発生する場所によっては間質性肺気腫と肺胞肺気腫に分類される。症状には呼吸困難や努力性呼吸が認められることが多いです。

牛の肺気腫とは?症状や原因について考察

発生する原因は?

牛で肺気腫が発生する原因は肺胞肺気腫と間質性肺気腫で異なります。

肺胞肺気腫の原因

肺胞肺気腫が起こる原因としては喉頭部の浮腫、閉塞・アナフィラキシー、痙攣発作などによる過呼吸で肺胞内へ過剰に空気が貯留することで起こります。(急性)

そのほかにも慢性気管支炎や慢性の肺疾患に続発することでも起こります。これらの慢性疾患では気道の腫脹や分泌物が見られることがあり、これが原因となって、肺への慢性的な空気の貯留が認められます。(慢性)

牛肺虫症では肺虫が細気管支に詰まってしまい、肺胞肺気腫や間質性肺気腫が起こります。

間質性肺気腫の原因

間質性肺気腫は肺の損傷、間質性肺炎、肺水腫などが原因となって気管支、肺胞壁が破壊され、空気が間質内に流入、肺小葉内に貯留することで起こります。

肺気腫の症状

牛の肺気腫で見られる症状には呼吸困難、努力性呼吸、開口呼吸などがあります。急性の肺胞肺気腫では激しい過呼吸が同時に認められます。

慢性気管支炎が原因となる肺胞肺気腫では乾性ラッセル、呼吸音の減弱などが聴診時に認められることがあります。胸部の打診では共鳴音が聞くことができます。

牛の 気管 ・気管支炎とは?症状や原因を解説

呼吸困難が重篤になると低酸素症、肺動脈圧の亢進、右心肥大が認められます。

肺気腫の治療

牛の肺気腫の治療は基本的に困難なことが多いです。背景にある疾患の治療が一般的ですが、完全に治癒することは難しいです。

必要に応じて行う治療薬には酸素吸入、抗菌薬、気管支拡張剤、コルチコステロイドなどがあります。

肺気腫は二次的な病気であるため、予防するには原因となる疾患に罹患しないようにすることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です