牛の 血胸 とは?症状や原因を解説

牛で見られる 血胸 とは胸腔内に血液が貯溜している状態で主な症状には呼吸困難、チアノーゼなどの呼吸器症状、貧血が見られます。治療は水胸とは異なり出血を止めるための止血剤の投与も考えられます。

牛の血胸の症状や発生する理由を解説

血胸の概要

牛の胸腔内に血液が貯留する状態です。この貯留する液体が基礎疾患(ネフローゼ症候群、肝硬変、心疾患など)の影響による漏出液の場合には水胸といいます。

牛の 水胸 とは?症状や発生する理由を解説

牛で血胸が起こる理由は?

牛で血胸が起こる理由としては胸部の外傷や挫傷、貫通性の創傷、手術による出血などにより胸腔内に血液が貯溜してしまうことが理由になります。

血胸の症状は?

牛の血胸の症状は胸水(血液)の貯留による呼吸困難やチアノーゼが考えられます。血胸では絶対的な血液の損失による貧血が見られることもあります。

炎症により胸水が見られる胸膜炎との鑑別も重要になります。

牛の 胸膜炎 の症状や治療について解説

血胸を診断するために・・・

牛の血胸を診断するには臨床症状、レントゲン検査、胸部エコー検査で血液が貯留していることを確認し、穿刺液をチェックすることで診断します。

牛の血胸の治療は?

牛の血胸の治療はまず出血を止めることを目的にします。血胸が起こっている原因次第ですが、外科的な処置が可能な場合は手術を行います。

止血剤を使用し内科的にも補助的に治療を行います。貧血がひどく、命に関わる場合には輸血も考慮することがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です