牛の 水胸 とは?症状や発生する理由を解説

牛の 水胸 は呼吸困難などの呼吸器症状を主徴とする状態で、心疾患や肝硬変、ネフローゼ症候群などによる低タンパク血症が原因となる。症状は胸水の貯留による呼吸困難が一般的です。

牛の水胸の症状や発生する理由を解説

水胸の概要

牛の胸腔内に非炎症性の漏出液が貯留する状態です。この貯留する液体が血液の場合には血胸といいます。

牛の 血胸 とは?症状や原因を解説

牛で水胸が起こる理由は?

牛で水胸が起こる理由としては心疾患やネフローゼ症候群、肝臓の機能障害によって低タンパク血症が起こります。これにより、水分が浸透圧によって血管外に漏出してしまいます。

水胸の症状は?

牛の水胸の症状は胸水の貯留による呼吸困難、原因となっている疾患があるので、その疾患の症状が一般的に認められます。

炎症が見られる胸膜炎との鑑別も重要になります。

牛の 胸膜炎 の症状や治療について解説

水胸を診断するために・・・

水胸を診断するには症状、レントゲン検査、超音波検査で胸水が貯留していることを確認し、胸水の穿刺をすることで診断します。

ただし、穿刺した場所からの出血により血液を含む場合もあるので注意が必要です。

牛の水胸の治療は?

牛の水胸を治療するにはまずは原因となっている疾患を治療します。必要に応じて利尿薬などを投与します。

胸水が過剰に貯留していて呼吸困難がみられる場合には胸腔穿刺によって胸水を抜去します。ただし、これは一時的な対症療法でしかなく、基礎疾患の治療を行うことが前提となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です