牛の 肝臓 にできる腫瘍の症状・治療

牛の 肝臓 にできる腫瘍で原発性腫瘍は肝臓や胆管に原発します。種類は肝細胞癌、肝細胞腫、胆管癌、胆管腺癌、総胆管乳頭状腫および腺癌があります。肝臓は転移する場所としてはメジャーで疾患には白血病やリンパ肉腫が考えられます。

牛の肝臓の腫瘍の症状・治療|原発性腫瘍

肝臓にできる原発性腫瘍の種類

牛の肝臓の腫瘍は人と比較して少ないですが、徐々に増えている傾向があります。種類には肝細胞癌、肝細胞腫、胆管癌、胆管腺癌、総胆管乳頭状腫および腺癌があります。

胆嚢を含む肝外胆管系の腺腫・腺癌は若い牛でも認められることがあります。

肝細胞腫

肝細胞腫は腫瘍が健康な場所よりも黄褐色を呈しており、色調がややつよい結節状を呈しています。腫瘍細胞は大きく、エオジンでよく染まり脂肪滴を含みます。

肝臓にできる転移性腫瘍の種類

牛の肝臓は転移する場所としてはメジャーで白血病やリンパ肉腫の転移病巣はしばしば認められます。

牛白血病の分類と症状|地方病型(成牛型)と散発型の対策

牛の肝臓の腫瘍の症状

肝臓の腫瘍の症状は一般的に徐々に食欲が落ちることで痩せてしまい、貧血が見られることが多いです。

ただ、特定の酵素の異常な高値、食欲不振のみで特異的な症状が認められない場合もあります。

特定の酵素としては肝細胞癌でAST・SDH活性、胆管癌ででGGT・ALP活性が上昇します。

牛の肝臓の腫瘍の治療

上記のような検査、臨床症状によって肝臓に腫瘍があることが確定した場合に一般的な家畜では治療の対象外になります。

ただ、場合によっては外科的な切除、抗腫瘍薬による化学療法、放射線療法などの治療を検討します。

牛の肝臓の病気は他にもありますのであわせてお読みください。

アフラトキシン 中毒の症状・治療・予防 牛の 肝線維症 の症状・診断・治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です