牛アデノウイルス感染症 の原因・症状・治療

牛アデノウイルス感染症 は輸送熱の1つで症状は呼吸器の他に様々で、潜伏感染も認められます。世界各国で発生していて不顕性感染が多く、リンパ節などに潜伏感染し、健康状態がよくない時に病原性を発揮します。症状は呼吸器症状、下痢、関節炎などでワクチン接種による予防が対策になります。

牛アデノウイルス感染症 の原因・症状・治療

牛アデノウイルス感染症の原因

牛アデノウイルス感染症の原因はその名の通りアデノウイルスで、DNAウイルス・エンベロープを持たないです。

感染症は世界各国で発生していて本来、不顕性感染が多くウイルスはリンパ節などに潜伏感染していて、宿主の健康状態や免疫機能が落ちた時に症状が表れます。

感染経路は水平感染、垂直感染ともに認められます。

症状

牛アデノウイルス感染症の症状は発熱、下痢、発育遅延などが認められ、講師では関節炎や虚弱牛症候群の主要な要因となります。

牛の 虚弱子牛症候群 |出生後から虚弱が見られる病気

組織学的には核内封入体を形成します。診断にはウイルス分離、中和試験などが考えられます。

予防・治療

基本的に牛アデノウイルス感染症の予防は生ワクチンの接種になります。治療を行うことは少なく、二次的な細菌感染に対する対症療法が主になります。

類症鑑別には牛ウイルス性下痢・粘膜病、牛伝染性鼻気管炎、牛パラインフルエンザ、牛RSウイルス病などがあります・

牛伝染性鼻気管炎 の原因・症状・治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です