牛の マイコプラズマ 肺炎の原因・症状・予防

牛の マイコプラズマ 肺炎は単独での病原性は低いが、他の疾病を誘発することが多いです。子牛で好発する呼吸器病で原因はMycoplasma bovisなどで世界各国に分布しています。ワクチンはないため飼養管理と環境衛生をしっかりと行い、予防に徹することが重要です。

牛の マイコプラズマ 肺炎の原因・症状・予防

牛の マイコプラズマ 肺炎の原因

牛のマイコプラズマ肺炎の原因はMycoplasma bovisMycoplasma disparMycoplasma bovigenitaliumなどになります。

世界各国に分布していて接触・飛沫吸入による気道感染になります。

牛の マイコプラズマ 肺炎の症状

牛マイコプラズマ肺炎の症状は単独感染ではほとんど無症状です。二次感染を誘発することで重症化します。Mycoplasma bovisによる子牛の気管支肺炎では発熱、咳、鼻汁などの呼吸器症状が認められます。

牛の 肺炎 (呼吸器複合病)の原因や病原体を解説

肉眼的な変化としては肺の肝変化、組織学的な変化にはカタル性気管支炎、周囲性細胞浸潤肺炎、リンパ濾胞の過形成が認められます。

診断には蛍光抗体法、PCR、CF反応、HI試験、ELISAなどがあります。

牛の マイコプラズマ 肺炎の予防

予防にワクチンはないため、飼養管理と環境衛生を徹底します。罹患した動物を見つけた場合には早期に治療を行います。

類症鑑別にはパスツレラ症、パラインフルエンザ、アデノウイルス病、RSウイルス病などがあります。

牛RSウイルス感染症 の原因・症状・治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です