子牛の パスツレラ症 の原因・症状・治療

子牛の パスツレラ症 は様々な呼吸器症状が認められます。特に化膿性気管支肺炎が顕著に見られます。輸送の後に発症することが多い疾患で、ストレスやウイルス感染が背景にあることが多いです。原因菌はMannheimia haemolyticaPasteurella multocidaになります。治療はテトラサイクリン系の抗菌薬やワクチンです。

子牛の パスツレラ症 の原因・症状・治療

子牛の パスツレラ症 の原因

子牛で認められるパスツレラ症の原因菌は下記の2種類が考えられています。輸送熱と考えられて、経口・経気道によって感染します。感染が起こる要因としてはストレス、ウイルス疾患の感染が考えられます。

パスツレラ症は世界中で発症し、特に子牛で多発します。

Mannheimia haemolytica

グラム陰性菌で両端染色性短桿菌になります。インドールは陰性、マッコンキー寒天培地で発育します。

Pasteurella multocida

グラム陰性菌で両端染色性短桿菌になります。インドールは陽性、マッコンキー寒天培地では発育しません。

子牛の パスツレラ症 の症状

牛のパスツレラ症の症状は発熱、元気消失、膿を含んだ鼻汁などの呼吸器症状が認められます。特徴的な病変には多発性凝固壊死、化膿性気管支肺炎があります。

特に子牛の場合は輸送直後の発熱・呼吸器疾患はパスツレラ症を基本的には第一に疑います。

類症鑑別すべき疾患にはヒストフィルス・ソムニ感染症、牛マイコプラズマ肺炎、牛アデノウイルス感染症、牛パラインフルエンザなどがあります。

牛の マイコプラズマ 肺炎の原因・症状・予防

子牛の パスツレラ症 の治療

パスツレラ症の治療は発症の初期にテトラサイクリン系の抗菌薬の投与やワクチン接種が考えられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です