牛の ブルセラ病 の原因・症状・予防

牛の ブルセラ病 はBrucella melitensis biovar Abortusなどが原因となって経口・粘膜・交配などによって感染する疾患で、症状としては妊娠6~8ヵ月における流産、胎盤停滞、精巣炎、精巣上体炎などが考えられます。診断は細菌の分離、血清反応。予防はワクチンもありますが、摘発淘汰を行います。法定伝染病になります。

牛の ブルセラ病 の原因・症状・予防

牛のブルセラ病の原因

牛のブルセラ病は細菌が原因の疾患です。原因菌はグラム陰性の小桿菌でBrucella melitensis biovar Abortusなどが考えられています。細胞内寄生が特徴的な細菌です。

牛のブルセラ病の症状

牛のブルセラ病の症状は基本的に繁殖に関わる症状が認められます、妊娠している牛では流産、高確率に起こる胎盤停滞などがあります。流産は妊娠6~9ヵ月に起こると言われています。

ただし、日本においては摘発・淘汰が徹底されており、ほぼ撲滅しているという現状です。

オスでは精巣炎、精巣上体炎が起こります。

牛の 胎盤停滞 の症状・治療

牛のブルセラ病の診断・予防

牛のブルセラ病の診断は血液を用いた血清の急速凝集反応、細菌の分離によって行います。予防としては感染牛に対する徹底した摘発と淘汰、繁殖に用いないこと。ワクチンもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です