牛の 寄生虫性肺炎 とは?原因や症状

牛の 寄生虫性肺炎 は主に線虫類が寄生することで肺や細機関紙で炎症をもたらす疾患です。原因は牛肺虫、糸状肺虫、トキソプラズマ原虫など牛肺虫の場合には症状は強い咳、呼吸促迫、発熱、診断には寄生虫学的な検査を行います。治療はイベルメクチン、レバミゾールなどの投与を検討します。

牛の 寄生虫性肺炎 とは?原因や症状

牛の 寄生虫性肺炎 とは?

牛の寄生虫性肺炎は寄生虫が肺などの呼吸器系に寄生し、それにより炎症が起こることで症状が認められる疾患です。

牛の寄生虫性肺炎の原因

牛の寄生虫性肺炎の原因は主に牛肺虫などになります。

牛の寄生虫性肺炎の症状

牛の寄生虫性肺炎の症状は咳、呼吸促迫、発熱、鼻汁などで異物を吐き出すような様子の湿性の咳(Husk)が認められることがあります。

その後、呼吸困難や貧血、下痢などで死亡することもあります。

診断には寄生虫学的検査の実施を考えます。

牛の寄生虫性肺炎の治療

牛の寄生虫性肺炎の治療はイベルメクチン、レバミゾールなどの駆虫薬、定期的な糞便検査も重要です。

肺炎の記事は他にもあります。

牛の 真菌性肺炎 とは?症状・原因・治療

kanren id=”601″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です