牛の 膀胱腫瘍性血尿症 の発生機序・症状・予防

牛の 膀胱腫瘍性血尿症 は地方病性血尿症とも呼ばれ、放牧病の1つです。放牧地に自生するワラビなどの長期摂取によって発症すると言われています。症状は間欠的な血尿、診断は再生不良性貧血の所見、尿沈渣の赤血球の確認になります。予防はワラビの除去になります。

牛の 膀胱腫瘍性血尿症 の発生機序・症状・予防

牛の膀胱腫瘍性血尿症の発生機序

牛の膀胱腫瘍性血尿症は膀胱粘膜における血管腫を主とする腫瘍性変化に起因する血尿症で放牧地に自生するワラビの長期摂取によって発症します。

時間とともに上皮性、間葉性、混合性の膀胱腫瘍が形成されます。

牛の膀胱腫瘍性血尿症の症状

牛の膀胱腫瘍性血尿症の症状は間欠的な血尿が生じ、それに伴い慢性貧血が認められることがあります。

牛の膀胱腫瘍性血尿症の診断

牛の膀胱腫瘍性血尿症の診断は血液検査によって赤血球、白血球、血小板の3系統が減少する再生不良性貧血の確認、尿検査で尿沈渣にて赤血球を確認、直腸でのエコー検査で尿が貯留し、膀胱が膨らんだ状態で直腸からアプローチする方法が有用です。

牛の膀胱腫瘍性血尿症の治療・予防

牛の膀胱腫瘍性血尿症の治療・予防としてはまず、自生しているワラビを除去することが重要です。それから貧血の対策や牛の状態の改善を行います。

他の泌尿器疾患の記事もあわせてお読みください。

牛の 糸球体腎炎 の症状・原因・治療 牛の 水腎症 の原因・症状・治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です