牛の尿細管間質性腎炎の原因・症状・診断・治療

牛の 尿細管間質性腎炎 の原因・症状・診断・治療を解説しています。腎臓の間質や尿細管の病変を主張とする泌尿器疾患で、犬で多いのですが、牛や豚でも認められます。原因は急性型と慢性型に分けられ、急性型はレプトスピラ、薬剤など、慢性型は免疫異常、糖尿病などで認められます。症状は多様。診断には尿沈渣における活動型円柱、尿細管機能の低下の確認などがあります。

牛の 尿細管間質性腎炎 の原因・症状・診断・治療

牛の 尿細管間質性腎炎 の原因

牛の尿細管間質性腎炎は急性型と慢性型に分類されますが、急性型ではレプトスピラ腎症、薬剤、急性腎盂腎炎からの続発などが原因となります。慢性型では免疫異常(ループス腎炎)、糖尿病、慢性腎盂腎炎、アレルギー、中毒、腫瘍が原因となります。

牛の尿細管間質性腎炎の症状

牛の尿細管間質性腎炎の症状も同様に急性と慢性で異なりますが、急性では突然の食欲減退、口の渇き、発熱、乏尿、両側の腎臓の痛みからくる背中を丸くする様子、脱水などが認められます。

慢性では高齢に多く、多飲多尿、痩せることがあります。脱水は慢性型でも認められます。

尿検査では急性で尿蛋白中等度、顆粒円柱が多く、クレアチニンは正常であるが急性腎不全に陥ることがあります。

慢性型の尿検査では尿細管の機能が低下しているため、尿を濃縮できない。このため尿細管性の蛋白尿が認められます。BUN、クレアチニンは軽度の上昇が認められることがあります。

牛の尿細管間質性腎炎の診断

牛の尿細管間質性腎炎の診断は尿沈渣中の活動型円柱の存在の確認、尿細管機能の低下を確認することが考えられます。

その他、NAGase活性の上昇、尿細管性蛋白の排泄増加の確認があります。

他の泌尿器疾患の記事もあわせてお読みください。

牛の 糸球体腎炎 の症状・原因・治療 牛の 水腎症 の原因・症状・治療 牛の 膀胱腫瘍性血尿症 の発生機序・症状・予防

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です