牛の 腎盂腎炎 の症状・原因・診断・治療

牛の 腎盂腎炎 は起因菌(主にCorynebacterium renale、他にC.pilosum、C.cystitidisなど)が健康な雄牛では包皮、雌牛では外陰部に生息し、分娩や妊娠などのストレスで主に尿路上行性に感染する泌尿器疾患です。症状としては血尿、排尿困難、排尿時疼痛でなどの膀胱炎が進行し腎盂腎炎となり、食欲不振や発熱などが認められるようになります。治療は尿中に移行する腎排泄型の抗生物質となります。

牛の 腎盂腎炎 の症状・原因・治療

牛の腎盂腎炎の原因

牛の腎盂腎炎の原因は膀胱粘膜に付着した起因菌主にCorynebacterium renale、他にC.pilosum、C.cystitidisなど)が腎臓へ上行性に感染することになります。

感染部位により膀胱炎、腎盂炎、腎盂腎炎に分かれます。

牛の腎盂腎炎の症状

牛の腎盂腎炎の症状は膀胱炎の症状に加えて発熱、食欲不振、乳量の低下がみられます。末期には尿毒症を呈します。

膀胱炎は血尿、膿尿、頻回排尿、排尿困難、排尿時疼痛などが認められます。

牛の腎盂腎炎の診断

牛の腎盂腎炎の診断は直腸検査で病態が進行すると腎臓の拡張・腫大、尿管腫大、膀胱壁の肥厚するためチェックします。

尿検査により尿から細菌分離、PCR検査、血清反応などがあります。末期では血液検査にはBUN、Creの上昇が認められます。

牛の腎盂腎炎の治療

牛の腎盂腎炎の治療は尿中に移行する腎臓排泄型の抗菌薬の使用になります。具体的にはニューキノロン系、セフェム系、合成ペニシリン系、アミノ配糖体系などになります。

ワクチンはありません。

他の泌尿器疾患はこちらから

牛の化膿性腎炎の概要・症状・診断 牛の 水腎症 の原因・症状・治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です