ビタミンK欠乏症 の症状・原因・治療

牛の ビタミンK欠乏症 は血液凝固に関与するビタミンKが欠乏することによる出血性変化を伴う栄養疾患です。原因は慢性下痢による吸収障害、セフェム系の抗生物質の投与による腸内細菌叢の不全、クマリンの摂取などによります。治療はビタミンKの投与、トロンボプラスチン製剤などがあります。

ビタミンK欠乏症 の症状・原因・治療

そもそもビタミンKとは?

牛のビタミンK欠乏症を知る前にビタミンKについて記載します。ビタミンKは血液凝固に関与するビタミンで凝固因子II、Ⅶ、Ⅸ、Ⅹの合成に必要です。

緑色植物に含まれるK1(フィロキノン)、腸内細菌により生成されるK2(メナキノン)、合成品K3~K7になります。

K2は結腸からの受動拡散により速やかに吸収され、食餌中への補給は不必要です。

牛のビタミンK欠乏症の症状

牛のビタミンK欠乏症の症状は血液凝固時間の延長に伴う出血性の変化です。

牛のビタミンK欠乏症の原因

牛のビタミンK欠乏症の原因は慢性下痢による吸収障害、セフェム系の抗生物質投与による腸内細菌叢の乱れ、クマリン摂取などが考えられます。

牛のビタミンK欠乏症の治療

牛のビタミンK欠乏症の治療はビタミンKの筋肉注射、輸血、トロンボプラスチン製剤、輸液などが考えられます。

他の栄養が関わる疾患はこちらから

ビタミンD過剰症 の症状・診断・治療・病理 ビタミンA過剰症 (牛ハイエナ病)の原因・症状・予防・病理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です