子牛の 鉄欠乏症 の原因・症状・治療

子牛で起こりやすい 鉄欠乏症 は貧血、発育障害が起こる栄養に関する疾患で新生子に多いです。子牛では牛乳や代用乳のみのホワイトビール用肥育子牛で多くなっています。寄生虫などによる失血でも起こります。症状は食欲低下、貧血症状、下痢などです。治療はデキストラン鉄などの筋肉内投与になります。

子牛の 鉄欠乏症 の原因・症状・治療

牛の鉄欠乏症の原因

牛の鉄欠乏症は子牛で発症することが多く、特に牛乳や代用乳給与のみのホワイトビール用の肥育子牛で多くなっています。

成牛でも起こりますが、外部寄生虫や消化管内線虫などの感染による失血が原因となります。

牛の鉄欠乏症の症状

牛の鉄欠乏症の症状は食欲不振、下痢、成長率の低下、貧血症状(運動時の呼吸困難、心拍数の増加、可視粘膜の蒼白)が認められます。

牛の鉄欠乏症の治療

牛の鉄欠乏症の治療はデキストラン鉄の筋肉内投与、ペプチド鉄、クエン酸第二鉄、硫酸第一鉄の経口投与が考えられます。

仔牛 (子牛)の下痢の原因と治療について 牛の 虚弱子牛症候群 |出生後から虚弱が見られる病気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です