牛の 蕁麻疹 の原因・症状・診断・治療・予防

牛の蕁麻疹はある種の飼料や薬剤の投与によって起こる皮膚病です。食物ではジャガイモやスイートクローバーなど、薬剤ではペニシリンやテトラサイクリンなどによって急性、慢性症状が認められるようになります。治療は抗ヒスタミン剤、炎症を抑える薬の投与を考えます。予防は衛生環境の保全など。

牛の 蕁麻疹 の原因・症状・診断・治療・予防

牛の蕁麻疹の原因

牛の蕁麻疹は食物、薬剤、特殊な植物や乳汁の貯留などによって発症すると言われいてます。

食物ではある種の牧草、ジャガイモ、スイートクローバー、くるみの葉など、薬剤はテトラサイクリン、ペニシリン、輸血、ワクチンなどによって蕁麻疹が起こります。

牛の蕁麻疹の症状

牛の蕁麻疹の症状は急性と慢性があります。急性では全身症状(呼吸促迫、心拍増加)、時には著しい浮腫が認められることもあります。

診断は問診、症状、抗原物質の特定などが考えられます。

牛の蕁麻疹の治療

牛の蕁麻疹の治療は抗ヒスタミン剤、抗原を避けること、消炎鎮痛剤の投与などがあります。

予防は肝機能増進、衛生環境の整備などが挙げられます。

他の皮膚病の記事もあわせてお読みください。

牛の 皮膚糸状菌症 の原因・症状・診断・治療 牛の 光線過敏症 の原因・発生機序|診断・治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です