牛の 光線過敏症 の原因・発生機序|診断・治療

牛の 光線過敏症 は皮膚内に存在する物質が光の作用によって活性化し、組織障害を惹起することによる疾患です。原因は原発性ではソバやオトギリソウなどの光化学物質を含有する飼料、先天性ではポルフィリン症(ヘム合成酵素の欠損)、肝性ではエゾユズリハ中毒などが原因として挙げられます。症状はないこともありますが、紅斑や浮腫、掻痒が認められることがあります。

牛の 光線過敏症 の原因・発生機序|診断・治療

牛の 光線過敏症 の原因

牛の光線過敏症 の原因は原発性、異常色素の生合成、肝性、特発的なもの、日光の影響など様々なことが考えられます。

原発性では光化学物質を含む飼料の摂取、ソバやオトギリソウ属の植物が関係しています。フェノチアジンなどの薬物、エオジンやメチレンブルーなどの蛍光色素も原発性に含まれます。

異常色素の生合成でが先天性ポルフィリン症(ヘム合成酵素の欠陥)が考えられます。

肝性ではエゾユズリハ中毒が原因として考えられます。

牛の 光線過敏症 の症状

牛の光線過敏症 の症状は無い場合もありますが、身体の白色部に限定した紅斑、浮腫、掻痒が突発的に認められることもあり、これが水疱、びらん、痂皮、壊死などに繋がります。

診断は問診、症状、肝機能の確認が考えられます。

牛の 光線過敏症 の治療

牛の光線過敏症 の治療は光反応物質の除去、遮光を実施したのちに肝機能や消化管機能の改善、コルチコステロイドや抗ヒスタミン剤の投与なども選択としては考えられます。

牛の 皮膚糸状菌症 の原因・症状・診断・治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です