輸送テタニー とは?原因・症状・治療について解説

牛などの反芻動物で起こる 輸送テタニー はそこまで重要な疾患ではないことが多いが、輸送によるストレスや摂食飲水の障害による電解質異常で起こる病気です。妊娠末期の牛や羊で輸送時に認められ、起立困難・昏睡などの急性症状を示すこともあります。

輸送テタニー とは?原因・症状・治療について解説

輸送テタニーの原因

輸送テタニーの原因は物理的なストレス、輸送時の過食、輸送中の1日を超える絶食・絶水、到着直後の過剰な飲水や運動が考えられています。

輸送テタニーの症状

輸送テタニーの症状は起立不能や昏睡などのグラステタニー(低Mg血症)に類似しています。

グラステタニー の原因・症状・診断・治療

そのほかには低Ca血症、低P血症、ストレスによる高Glu、血中乳酸の増加、白血球全体の増加が起こりますが、好酸球は減少します。

診断は長時間の輸送の有無、臨床症状を元に考えます。

輸送テタニーの治療

輸送テタニーの治療はマグネシウム塩とカルシウム塩の溶液を静脈内と皮下に注射します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です