牛の 細菌性肺炎 の原因・症状・治療

牛の 細菌性肺炎 の原因・症状・治療

牛の 細菌性肺炎 は気道や血行、リンパを介して感染することが多く、進行すると可能性肺炎・肺膿瘍を発症します。

牛の 細菌性肺炎 の原因

原因となる菌は牛ではPasteurella multocidaが考えられます。

牛の 細菌性肺炎 の症状

初期はカタル性肺炎と同様の気管支炎が認められ、呼吸困難、発熱と元気消失が起こり食欲不振を呈します。

牛の カタル性肺炎 とは?意味や原因について

牛の 細菌性肺炎 の診断

カタル性肺炎やクルップ性肺炎に準じます。

上記の症状(発熱、膿のような鼻汁、呼吸困難)、血液検査所見、聴診、打診などから診断を行います。

牛の 細菌性肺炎 の治療

細菌性肺炎の治療としてはまず、ストレスの除去を考えます。抗生物質の投与もします。

牛が実際に呈している症状に対しては去痰剤、気管支拡張薬、消炎鎮痛薬、非ステロイド系抗炎症薬などの投与を行います。

牛の カタル性肺炎 とは?意味や原因について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です