牛の 前胃弛緩症 の原因・症状・治療

牛の 前胃弛緩症 の原因・症状・治療

牛の前胃弛緩症は前胃の運動を支配する迷走神経の失調により、前胃の収縮力が減退、それによる前胃の弛緩が認められる疾患です。

牛の前胃弛緩症の原因

前胃弛緩症の原因は1つに迷走神経の失調が考えられます。

これには外傷性第二胃炎を併発していることが多く、そのほかには輸送時のストレス、リンパ性白血病によるリンパ節腫大による物理的な圧迫が考えられます。

牛の 創傷性第二胃腹膜炎 の症状・診断・治療

乳熱による血清Caの低下やケトーシスによる代謝異常によっても第一胃の機能が低下します。

妊娠時の子宮による圧迫、変敗した飼料・濃厚資料の多給でも起こると言われています。

乳熱 とは?|症状や治療、予防について解説 牛の ケトーシス ってどんな病気!?症状と機序について解説

牛の前胃弛緩症の症状

症状は第一胃運動および反芻の低下、泥状便、便秘を併発することがあります。

牛の前胃弛緩症の診断

前胃弛緩症の診断は臨床症状を考慮します。

食欲低下、第一胃の軽度の膨隆を伴うため鼓脹症との鑑別が必要になります。

[kanre id=”107″]

牛の前胃弛緩症の治療

前胃弛緩症の治療はまず、原因を考えそれの除去を行います。

そのほかに、健康牛から第一胃液の移植、塩類下剤の投与、前胃運動促進剤(ベタネコール、ネオスチグミン製剤)、便秘の改善薬の投与を検討します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です