牛の 寄生性胃腸炎 の原因・症状・診断

牛の 寄生性胃腸炎 の原因・症状・診断

牛の 寄生性胃腸炎 は複数の消化管内寄生線虫類の寄生により生じる感染症です。国内では何らかの線虫卵が牛から検出されることが多いです。

日本における寄生性胃腸炎の原因

牛の第四胃におけるオステルダーグ胃虫・牛捻転胃虫、小腸におけるクーペリアが寄生率・病原性が高いです。

牛の寄生性胃腸炎の症状

オステルダーグ胃虫の感染による症状

オステルダーグ胃虫は胃腺上皮細胞の物理的損傷により胃液pHが低下せず、ペプシノーゲンが活性化されないため、タンパク質の消化が十分に行われなくなります。

臨床症状では食欲不振、体重減少、下痢、低タンパク血症、浮腫などが認められます。

牛捻転胃虫の感染による症状

吸血により高い病原性を示します。吸血による貧血・低タンパク血症が主徴です。

牛の寄生性胃腸炎の診断

糞便検査による虫卵検査が基本です。確定診断には顕微鏡による形態学的精査が必要となります。

治療や予防は駆虫が一般的です。

牛の 下痢 の原因で考えられること|成牛と子牛での違いは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です